スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

根抵当権設定登記を申請する!

2012-07-31
昨日、根抵当権設定登記の申請をしてきました。
登記官の審査を経て、数日後には登記完了証が発行されます。
これが済めば、先月末に契約した物件の購入とリフォームに係る一切の費用が日本政策金融公庫から私の口座に振り込まれます。
今まで、さまざまな種類の登記を自分で申請してきましたが、まさか自分で担保権の設定登記ができる日が来るとは想像もしていませんでした。
通常、抵当権設定登記の際、登記権利者である債権者(金融機関)が債務者に登記申請を任せてくれることはまずありません。しかし、日本政策金融公庫は快く応じてくれます。
結局のところ、担保を提供しない限り、つまり公庫を抵当権者とする担保権を設定しないかぎり公庫は融資を実行しないわけですから、債務者に登記申請を任せたとしても、公庫のほうは、痛くも痒くもないわけです。
登記申請を任せてもらえると、当然ながら司法書士報酬も不要になります。
日本政策金融公庫の場合、担保権設定の登録免許税はかかりません。
ですので、日本政策金融公庫で融資を受ける際には、上手にやれば、抵当権設定登記は完全にタダでできてしまいます。

根抵当権設定の申請書

融資全体についても、通常、銀行の場合ですと、事務手数料などがかかってきますが、そうした費用もかかりません。
まさに、私にとっては“日本政策金融公庫さまさま”という感じです。
ただ、公庫の場合、よく言われるように、返済期間を長期で組めないというようなことがありますが、15年返済でも返済比率を低く抑えられてキャッシュフローが得られる物件であれば、公庫を利用しない手はないだろうと思います。
ちなみに、今回取得する物件の借入金の返済比率は35%を切っています。

多くの銀行が貸し渋る“木造築古”でも“空室だらけ”でも、(場合によっては)15年返済で貸してくれる日本政策金融公庫は不動産投資家の強い味方だと思います。
私は、これほど使い勝手の良い金融機関と今まで出会ったことはありません。


一般の銀行とは一味違う日本政策金融公庫を攻略するためには一読の価値がある教材です。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
日本政策金融公庫完全攻略レポート

 もしよかったら、応援クリックよろしくお願いしま~す(^_^)/  
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ 人気ブログランキングへ
関連記事
tag :
コメント:
そうなんです!

私は公庫しか使った事がなく、
ご意見に賛成です。

毎回自分で抵当権設定登記をして、司法書士手数料、
登録免許税もゼロの、の超節約自主登記をやっています。

ただ、以前は抵当をつけてからでないと(無担保物件がないと)難しかったのですが、
最近は相談によっては、無くてもできる場合があるようですね。

ますます、使い勝手が良くなっているのを感じます。

親族の検討物件が流れ、残念でした。

先の長い彼らなので、良い勉強になったと思います。

それと、
これから賃貸経営に本当に旨みがあるのか?
疑問符も?

よほどいい物件に出会わない限り、、

しかし、
川上情報はそう簡単には入ってきませんしね。
[2012/08/02 11:06] | 真珠 #1Mt2G.L6 | [edit]
真珠さん

こんにちは。

また、新しい物件の下見に遠隔地まで行っておりました。
ブローカーみたいな業者も複数動いているような「いわくだらけ」の物件でした(^_^;)
交渉権(のようなもの)は確保してきましたが、購入するかどうかは検討中です。
でも、面白い経験ができたことは事実です。

ご親族のかた、今回は残念でしたね。
でも、そうした経験の積み重ねが将来に結びついてくると思います。

賃貸経営に旨みがあるかどうか、これは一概にどうとも言えませんね。
その方が何を目的にしていらっしゃるのか、どういう考え方なのか、
それによって全然違ってくると思います。
土地持ちの方が賃貸物件を建てさえすれば儲かったような時代が
15~16年前までは確かにあったようですが、残念ながら、それはすでに終わっています。
今は、状況はまったく違いますが、その状況を分かった上で、
低金利とネットを駆使した形での不動産投資の時代に我々は参入したわけですから、
状況の変化はすでに「織り込み済み」とも言えますよね。
要は、人それぞれ、何のために賃貸経営をするのか、
それによって手法も違ってくると思います。
ですので、一般的な状況の善し悪しは、個別の事例には当てはまらないかもしれません。

川上物件のことですが、必ずしも川上物件=良い物件とは限らないと思いますよ。
業者間を回っている物件も何度か目にしていますが、
私の目的と業者さんの目的は明らかに違うので、
業者さんたちの間を回っている非公開物件が私にとっても良い物件であるかどうかは
疑問符です。
リニューアル投資法の中村一晴さんのように会社まで作って物件を探しまくっている人でも
こうおっしゃってます。
「(良い)川上物件なんて、私だって手に入らない」と。
中村さんはネットに何年も出ていて売れ残っている物件を、
交渉して自分のシュミレーションが立てられる金額で買えるならば買うというスタンスで
やっていらっしゃるようです。

何事も「旨み」を得るのはそう簡単なことではない、それが正解だろうと思いますね。
[2012/08/04 14:16] | 窓野外男 #- | [edit]
窓野さん、
お帰りなさい!


>また、新しい物件の下見に遠隔地まで行っておりました。
ブローカーみたいな業者も複数動いているような「いわくだらけ」の物件でした(^_^;)

へえ~~、そうなんですか、
面白そうなような、、
怖いものみたさみたいな、、

>でも、面白い経験ができたことは事実です。

そうですね。

>「(良い)川上物件なんて、私だって手に入らない」と。
中村さんはネットに何年も出ていて売れ残っている物件を、
交渉して自分のシュミレーションが立てられる金額で買えるならば買うというスタンスで
やっていらっしゃるようです。

なるほど、
自分のやり方を模索しながら、
自分にあったやり方でやるのが一番ですね。
[2012/08/11 13:01] | 真珠 #1Mt2G.L6 | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:
http://madomado55.blog.fc2.com/tb.php/91-274ae230
<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。