スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

ドタキャンするぞ!?

2012-05-29
今回のドタキャン劇は、正直ムカつきましたが、非公開に近い物件でしたので、ま、こんなこともあるでしょう。
ましてや、生臭いビジネスの場面ですから、こういうことはある意味、付き物とも言えるかもしれません。

でも、これがビジネスの場面でなかったとしたら・・・・。

ドタキャンの記事を書いていたら、ずっと以前のドタキャン(厳密に言うと、ドタキャンを盾に揺さぶりをかけられたこと)の記憶が甦ってきました。

もう18年も前の出来事です。

不動産投資なんて考えたこともなかった頃です。

そう、あれは自宅を建てるために購入しようとした中古住宅の決済の前日です。

当時、下の娘が小学一年生になる直前で、3DKの賃貸マンションから自宅の購入に踏み切ろうとした頃です。今みたいに、頭金なしで35年の住宅ローンなんてほとんど聞かない時代でした。
私も妻もほとんど持ち家には関心がなかったのですが、広い家に住みたいと思うとどうしても借家は賃料もバカ高いわけです。どうせなら、買ってしまおうかということで、建売をいろいろ見て歩きましたが、あんまり気に入りません。

で、突っ込んでいっているうちに、建売を買うよりも、中古住宅を買って解体して注文住宅を好きなように建てればいいんじゃないかということになったわけです。実際、そのほうが安く済みますので・・・。 

ほとんど自分が建売業者になったつもりで、出物を探していました。
あちこちの不動産会社にコネをつけて、出たらすぐにファクスで送ってもらう段取りをつけて・・・・。ただし、長男が小学校を転校したくないというので、同一学区域の中で探すことになりました。エリアが限られているので、なかなか出てきません。出てきても旗竿地のような建てるのには苦労しそうな土地ばかりです。
当時、すでにバブルははじけていて土地値は暴落していましたが、それでも東京郊外のこの地域で坪単価150万円前後が相場でした。
探すこと数ヶ月、とうとう、出ました。土地約40坪整形地の中古住宅です。
大通りから少し奥に入ったところにあり道路付けは若干劣りますが、法的にも問題はなく、大通りに面しているよりも、住むのにはかえって快適そうな場所です。
坪単価は100万ちょっとで当時としては格安でした。

早速、仲介業者に押さえてもらい、約1カ月後の決済に向けて、住宅ローンの融資付け、そして、ハウスメーカー各社との打ち合わせに没頭しました。どうにかこうにか、当時とすると安い金利の住宅ローンも借りられ、ハウスメーカーも決定しました。その頃には、3DKのマンションの部屋の中には施主支給するために前もってメーカーの代理店や問屋などから取り寄せた宅配ポストやら天窓やら何やらで足の踏み場もないぐらいでした。

で、明日は決済日という日の夜、電話が鳴って、初めて声を聞く、関西に住んでいるという売主としゃべることになるわけです。

「私、売るつもりはないので・・・明日は行きません」

「はあ!?な、何を言ってるんですか!!」

「私、最初から売るつもりはないのに、不動産会社が勝手に売る話を進めたんだ」

「え~!? 何ですって!!不動産会社が所有者の意思も確認しないでそんなことするわけないじゃないですか!!私たちはどうなるんですか!?一体全体!!」
「私は、売るつもりはないから・・・・」

何度、確認しても、返ってくるのは同じ言葉です。
ところが、不思議なことにそこまで怒りながら不動産会社を訴えるというような言葉も出てきません。
もし、売主の言うことが本当ならば、売主と私たちはどちらも被害者です。通常ならば、双方同じ被害者の立場で、不動産会社に法的措置を講ずる話でも出てくるのが筋だろうと思います。しかし、売主からはそうした当たり前の言葉は出てきません。しかも、電話を切る様子すらないわけです。

だんだん魂胆が見えてきたので、こう聞きました。

「あなたは、どうしても売るつもりはないということですね?」
「いや・・・・、そういうわけではない」
「え? ということは? 売るつもりはあるんですか?」
「・・・・・・」
「じゃあ、どうしたいんですか?」
「・・・・・・」
「お金ですか?」
「・・・・・・」
「いくらか言ってください!!」

「売値とは別に・・・・30万」

「ほぉー、それでいいんですね。もう一度、確認しますよ。30万私が別に出せば、明日の決済には来るんですね。それ以外には要求しませんね。それ以上言うのであれば出るところに出ますからね」
「うん・・・・」

というわけで、翌日の決済は何ともイヤーな気分の連続でした。決済の前に、直接会って、30万円渡したのですが、会うと電話でしゃべった時よりもさらにイヤーな人間でした。決済の途中も、「ほんとは売りたくないのだ」などと意地汚い言動が目に余るので、決済金の一部の1千万円を口座に振り込まないで、わざと相手の目の前に置いてやりました。それを一枚一枚、守銭奴がブツブツ文句を言いながら、苦労して数えるのを、妻と二人で眺めていました。私たち買主側の不動産会社も目を白黒させながらそれを見ていたものでした。それでも性懲りもなく、ここの台所はまだ新しいとかどうとか恩着せがましく言っているので、「壊して建てますから大丈夫です」と言ってやると、唖然としていたのを思い出します。

その後、その中古住宅をきれいサッパリ解体して、現在の家を新築したという次第です。

あれから、18年。

すでに銀行の抵当権もなくなり、今後、私たちの事業やセカンドライフの拠点となってくれる“頼りになる自宅”です(^_^)


 もしよかったら、応援クリックよろしくお願いしま~す(^_^)/  
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
関連記事
tag :
コメント:
窓野さん、こんばんは、

ルールを守らない人は意外に多いようで困りますね。
私もブログで書きましたが、大手銀行ですら債務を履行しなくても平然としています。
任意売却なので、違約金等の支払い義務が売主にあるため、
のらりくらりとしていたんでしょうが、当事者としては本当に頭にきますよね。

以前、銀行と取引をする際に、連絡もなく相手が指定した時間から平然と大幅に遅れてきたことがあります。
さすがに部下とお客さんの面前で叱り飛ばしてやりましたが、スッキリしました。
[2012/05/30 21:09] | ウッチー #- | [edit]
ウッチーさん

こんばんは。

ほんとに、そうですよね。
ウッチーさんも、今回の桐生の任売物件取得の際は、ずいぶん理不尽な目に合われましたよね。
まさか、大手銀行がつまらない嫌がらせみたいなことをするとは思わないですよね。
でも、ウッチーさんや私が狙っているような「お宝物件」には必ずと言っていいほど、
そうしたトラブルが絡んでくるような気がします。
不動産の業界自体がまだまだ前近代的なイカガワしさを孕んでいるからかもしれません。
決して気を抜けない世界だと思いますね。

ビジネスとしてドライに爽やかに、という取引ができればいいのですが・・・。
[2012/05/30 22:08] | 窓野外男 #- | [edit]
読んでいて腹が立ってきました。
売る気ないなら最初から売りに出すなよ!
契約書にサインがあるなら
本来、違約金が発生しますから
逆に違約金を払えと言ってやれば良かったんですよ
それにしても腹の立つ話です。
こういう人は、どこでもそんな事をやっているのでしょう
人生どこかでしっぺ返しをくらいますよ
[2012/05/31 21:56] | 大家 #- | [edit]
大家のTakeさん

こんばんは。

ほんと、おっしゃるとおりですね。
当時は、私も不動産取引はまったくのド素人でしたので、
前日に電話がかかってきて「売るつもりはない」と言われた瞬間、頭の中が真っ白になったのを思い出します。中古住宅を買って壊して建てるために2段階での融資スケジュールも決まっていましたし、ハウスメーカーとの段取りもありましたので、どうしていいか分らなくなって、ほんと困惑しました。

関西で商売をやっていた売主が資金繰りのために早急にお金が入り用になって、それまで放っておいた東京の持ち家を早く処分してくれと仲介の不動産会社に頼んだら、相場よりも安く出したほうが早く売れると言われて安く出した。
そしたら、たまたま、その地域で探していた私がすぐに飛び込んできた。
こんなにすぐに買い手が現れるのなら、もっと高い値段で出せばよかったと悔やみはじめた。
でも、契約もしてしまったし、早く売ってお金を作らなければならない事情は変わらない。
「チクショウ、それなら、裏金をせびってやろう」と卑怯な手段に出た。
そんなところだと思います。

でも、今思うと、あれはあれで勉強になりました。
ある意味、私に免疫をつけてくれたのかもしれません(^_^;)。
Takeさんがおっしゃるように、あの人、きっとどこかでしっぺ返しをくらっていると思いますね(^_^)
[2012/06/01 00:48] | 窓野外男 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:
http://madomado55.blog.fc2.com/tb.php/79-942ae5da
  • まとめtyaiました【ドタキャンするぞ!?】[まとめwoネタ速neo]
    今回のドタキャン劇は、正直ムカつきましたが、非公開に近い物件でしたので、ま、こんなこともあるでしょう。ましてや、生臭いビジネスの場面ですから、こういうことはある意味、付...
[2012/05/30 02:46]
<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。