スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

お中元の“線引き”

2011-06-09
沖縄では早くも梅雨が明けたとか。
東京は梅雨らしい梅雨はまだ来ていない気もしますが、ともあれ、汗ばむ季節がまたそこまでやってきましたね。
さて、この時期、百貨店やらスーパーやらからお中元カタログが続々と送られてきます。早いところだと5月中旬ぐらいから「夏のギフトカタログ」を送ってきますよね。以前、利用した際の宛先がすでに印字されていて使いやすいといえば使いやすいのですが、「そんなにせかさないでよ」と言いたくもなっちゃいますね。

写真素材 PIXTA

ところで、このお中元、私の場合、プライベートな親類や知人については、実質的に考えてお世話になったかどうかを判断基準にしているので簡単ですが、ビジネス関連、つまり不動産関連の管理会社やプロパンガス会社、工務店さん、売買の不動産会社など、必ず贈って来て下さるところにどう対応しようか最初の頃はちょっと迷いましたね。

管理会社には管理委託料はちゃんと支払っていますし、入退去時のリフォームだって、大々的な工事にならないかぎり管理会社にあえて丸投げして一定の利益は得てもらっているつもりです。プロパンガス会社だって、いくらでも競争相手はいるのに契約してあげている、なーんて高飛車な気持ちを持ってしまうと、「贈られて当然だ」ということにもなりますよね。

ですが、管理会社にだってプロパンガス会社にだって、その他にだって、こちらもビジネスとして大変お世話になっているというのが本当のところです。
ならば、どうすべきか? 最初は全部受け取るだけ受け取って、暑中見舞いか残暑見舞いのハガキにお礼の言葉を添える。全部一律そうしていました。

写真素材 PIXTA
 ところが、何年か前、熊本にいる大学時代の友人に会いに行って興味深い話を聞きました。彼は大学卒業後、銀行員を数年間経験した後、郷里に帰り、お父さんの跡を継いで不動産会社の社長に収まったのですが、その彼が言うには、
「ほんとは良くないことなんだけど、お中元とかお歳暮を贈ってくれるオーナーさんとそうでないオーナーさんだと、ついつい、贈ってくれるオーナーさんのほうの空室を優先して紹介したくなるんだよ。やっぱり人間だから気持ちが動くんだよね」。

それを聞いて以来、私は、管理会社には必ず贈る、それも先に贈るように変更しました(^_^;)。

プロパンガス会社については、どうしようか迷いましたが、どの地域でも、コンピュータ管理システムを導入していてお客様対応がしっかりできる大きな会社と契約していますので、お中元やお歳暮については向こうも最初から一律必要経費として設定しているように思われます。ですので、担当者に電話などでお礼を言うにとどめています。実際、プロパンガス会社の担当者にお礼を言うと、驚いて恐縮している様子が見て取れます。ほとんどは当然のように受け取るだけなのかもしれません。ですので、そうしたところに逆にこちらからも贈ったりすると、ちょっと場違いな突出した対応になるような気がするのでお礼の言葉だけでよいのではないかと思っています。

管理会社の場合は、客付けの問題ももちろんありますが、私の場合、全国チェーンの大組織ではなくて、あえて地元密着型の個人経営的な不動産会社を選定していますので、こうした人間的な触れ合いの部分は、前述の友人が言うように大事なことだろうと思います。

と、ここまで書いてきて、1つだけちょっとビミョーなケースがありました。全国チェーンのフランチャイズでその地域ではかなり大きな不動産会社に管理を委託している物件があります。そことはちょっと他とは違う事情があって管理委託契約を結んでいるのですが、とても個人経営的といえるような小規模の不動産会社ではありません。ですので、管理部門の担当者も私がお中元やお歳暮を先に贈ると戸惑って大慌てしているのが見て取れます。
もしかすると、あの会社にはこちらからは贈らないほうがむしろいいのかもしれませんね・・・・(^_^;)。

ま、いろいろ考えすぎるとストレスになるので、パターンを決めて、一律にドライに対応するのがビジネスとしては一番よい方法だろうと思います。



 もしよかったら、応援クリックよろしくお願いしま~す(^_^)/  
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ

(c) jEss写真素材 PIXTA
(c) wakaMac写真素材 PIXTA
関連記事
tag :
コメント:
>パターンを決めて、一律にドライに対応するのがビジネスとしては一番よい方法

こうした方が、おっしゃるようにストレスが溜まらないですね。でも、その一方で

>人間的な触れ合いの部分は、前述の友人が言うように大事なことだろう

ってのも確かに。

結局、人間は理と情を兼ね備えていて、どちらがより優先されるのかは人によりけりなので、この辺りを使い分けなきゃいけないし…。
[2011/06/11 12:43] | tatsusae #d/.yyOxY | [edit]
tatsusaeさん

こんにちは。
おっしゃるように、理と情の兼ね合いですね。
そのあたりがなかなか難しいですね。
あんまり気にしすぎるとストレスになりますしね。

ビジネスに限らすのことですが・・・。
[2011/06/13 11:03] | (ブログ管理人)窓野外男 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:
http://madomado55.blog.fc2.com/tb.php/45-2d9b9605
<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。